日曜劇場「スキャンダル」・第2回あらすじ:鈴木京香主演!日曜劇場「スキャンダル」のドラマ情報



スポンサードリンク

日曜劇場「スキャンダル」・第2回あらすじ

理佐子(戸田菜穂)が失踪してしまい、貴子(鈴木京香)・ひとみ(長谷川京子)・真由子(吹石一恵)・たまき(桃井かおり)の4人に突然スキャンダルがふりかかるのだった。

警察へ行った4人は、勝沼(小日向文世)から理佐子の失踪は4人の責任だと言われ、貴子たち4人は、知り合ったばかりではあるが、協力して理佐子を探すことになったのだったのだが家庭環境も年齢も性格も違う4人の主婦が、いくら顔を突き合わせて頭をひねっても、話は脱線するばかりで何の進展もないのだった。
久木田(加藤虎ノ介)は妻である理佐子の捜索願いを出したため、警察が捜査に入りあわただしい状況になっているのだった。
理佐子が披露宴に呼んだのは貴子たち4人だけであり、久木田は理佐子が貴子たち4人と会ったのを最後に失踪してしまったのは、ただの偶然とは思えず、勝沼はこの4人の主婦たちを徹底的に調べることにしたのだった。

翌日、4人は事情聴取のため警察を再び訪れるが、理佐子の夫である久木田が同じく警察を訪れていて、久木田は4人に対し、知っていることはたとえ自分にとって残酷なことでもいいから何でも教えて欲しいと頼みこむのだった。
4人は警察で、別室で個別に理佐子との関係を聞きたいと言われ戸惑うのだが、徐々に意外な事実が明らかになっていくのだった。
貴子は、警察から帰ろうとしている久木田を追いかけて、自分が夫・秀典(沢村一樹)と結婚した時の事情を久木田に打ち明ける。
それは貴子がCA時代に、秀典を巡り、理佐子も秀典に好意を持っていたことを知りながら、自分が抜けがけしたような形になり、今でも理佐子に対し申し訳ないと思っているということであった。
だが、貴子は反対に久木田から信じられない事実を告げられてしまう・・・!
posted by スキャンダル at 13:36 | 日曜劇場「スキャンダル」・第2回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。