日曜劇場「スキャンダル」・第3回あらすじ:鈴木京香主演!日曜劇場「スキャンダル」のドラマ情報



スポンサードリンク

日曜劇場「スキャンダル」・第3回あらすじ

貴子(鈴木京香)は夫である秀典(沢村一樹)の会社を訪ねるが、そこで貴子は秀典からプレゼントであるペンダントと同じペンダントをしている夏子(滝沢沙織)と秀典(沢村一樹)が一緒にいるところを目撃してしまうのだった。
丁度その時、貴子の携帯に失踪した理佐子から電話があり、貴子は慌てて出るが、理佐子の携帯から聞こえてきたのはなんと男の声だった!
貴子は驚いて、すぐに久木田(加藤虎ノ介)に会って事情を話すのだが、久木田はそのことは警察にも誰にも言わないようにと口止めするのだった。
貴子は、久木田に口止めされてはいるが、そのことを早く警察に知らせたほうがいいのではないかと迷い、ひとみ(長谷川京子)の意見を聞こうと電話を掛けるが、話は真由子(吹石一恵)・たまき(桃井かおり)にも話が広がってしまい、理佐子は誘拐事件に巻き込まれたのではないかという話にまで発展していたのだった。
その夜4人は高柳家に集合するのだが、話せば話すほど話は収集がつかなくなってしまい、とりあえず明朝、貴子が久木田のホテルを訪ねるということになった。
翌朝、予定通り貴子がホテルに行ってみると、ひとみ・真由子・たまきも心配してホテルに駆けつけていた。
貴子は久木田の部屋を訪ねるが、久木田は信じていたのに何故約束を守ってくれなかったのかと怒るのだった。
その上、部屋には、勝沼(小日向文世)をはじめ数人の捜査員が来ていて、公開捜査が決まったと告げる。
4人の中の誰が警察に漏らしたのか疑う間もなく、貴子たち4人がホテルを出ると大勢の取材陣にとり囲まれてしまうのだった。
そして、そのことが報道されてしまったことで、4人とも家庭で大揉め揉めてしまう。
貴子・ひとみ・真由子は、不満を爆発させ、家を飛び出してしまうのだが!・・・
posted by スキャンダル at 13:35 | 日曜劇場「スキャンダル」・第3回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。