日曜劇場「スキャンダル」・第1回あらすじ:鈴木京香主演!日曜劇場「スキャンダル」のドラマ情報



スポンサードリンク

日曜劇場「スキャンダル」・第1回あらすじ

高柳貴子(鈴木京香)は40歳の専業主婦で、大手広告代理店勤務の夫と中学生の娘と3人で暮らしている。
貴子は家事も育児も完璧にこなしているが、娘は反抗期で夫は浮気の疑いありという事情を抱えているのだった。
貴子はある日、昔の同僚・白石理佐子(戸田菜穂)の結婚式で、3人の主婦に出会う。
その3人とは、財務省公務員の夫と2人の幼い子供を持つ河合ひとみ(長谷川京子)32歳、そして美容整形外科クリニックの院長夫人でセレブな生活を送る鮫島真由子(吹石一恵)25歳、そして8歳年下の弁護士を夫にもつキャリアウーマンの新藤たまき(桃井かおり)52歳である。
その夜、貴子は年齢も夫の職業も何もかも違うこの3人と、理佐子の結婚のお祝いをすることになった。
理佐子は「ねえ、ゲームしない?」と言い出すのだが、なんとそのゲームとは、夜の街で男を逆ナンして店まで連れてきて、一番遅かった人が店の支払いを全額負担するというものだったのだ。
貴子は猛反対するが、それをよそに4人は街へ出て行くことになった。
しかしそのゲームによって貴子は思いもよらないスキャンダルへを巻き込まれていくのだった!
posted by スキャンダル at 11:47 | 日曜劇場「スキャンダル」・第1回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。