日曜劇場「スキャンダル」・第4回あらすじ:鈴木京香主演!日曜劇場「スキャンダル」のドラマ情報



スポンサードリンク

日曜劇場「スキャンダル」・第4回あらすじ

貴子(鈴木京香)たち4人はワイドショーで大々的に報じられてしまったことで、4人それぞれの家庭で大問題になってしまうが、世間体を気にする夫たちに妻たち4人は反発するのだった。
貴子は失踪した理佐子(戸田菜穂)を心配するあまり自分で調査をしようと決心し、最後に理佐子と会ったワインバーに行ってみるのだった。
すると偶然にも、美容院帰りのひとみ(長谷川京子)が、礼二(植田浩望)と一緒に同じワインバーにやって来て3人は遭遇するはめになる。
その頃、賢治(遠藤憲一)は行方をくらましてしまった真由子(吹石一恵)を探そうと、高柳家を訪れていた。
一方、貴子は状況が分からず、困っていた夫である秀典(沢村一樹)からの電話を取ったものの、秀典が何気なく言った言葉に立腹して電話を切ってしまうのだった。
そんな中、隼人(細田よしひこ)から礼二にクラブで遊んでいる真由子の写メが送られてきて、クラブで真由子と合流した貴子は、あまりにもお気楽にしている真由子に呆れかえってしまうのだった。
真由子は夫である賢治が必死に自分を探していることを知り、一晩泊めて欲しいとたまき(桃井かおり)に電話するが、たまきはなんと警察に自首したと言い、みんなは仰天してしまう!
その一方で、賢治は500万円の小切手を手に久木田(加藤虎ノ介)を訪ね、一月前に、理佐子から大金が必要なので用立てて欲しいと頼まれたが、その申し出を断ったとを告げ、理佐子の失踪がお金に関係したのではないかと思うのでやっぱりお金を用立てることにしたと言うのだが、久木田はそんな賢治に、金には困っていない!と怒りをあらわにするのだった。
その夜、貴子たち3人の主婦はたまきを心配して、新藤家に集結したが、警察から戻っってきたたまきとバッタリ遭遇して、帰りそびれた貴子たち3人は新藤家に泊まることになるのだが!・・・
posted by スキャンダル at 14:30 | 日曜劇場「スキャンダル」・第4回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。